トップページ マイページ 買い物カゴ お問い合わせ レビュー お支払 当店について

よさこい衣装、半纏(はんてん・法被・はっぴ)などの各種オーダー受付しております。「お祭天国」




タイムセール

半纏(はんてん)と法被(はっぴ)について

半纏と法被の違い

・読み方
半纏→はんてん
法被→はっぴ

半纏と法被の違いは、諸説が沢山あり正直現在でははっきりとした違いの定義は無くなってきております。
歴史的に遡ると、法被は衿を折り返して着用しており、江戸時代に背中に家紋を大きく染め抜いたものでした。
本来の法被は胸紐つきでした。

江戸時代に庶民の間で法被の着用を禁止する法令が出た為、衿を返さないで着用する法被が庶民の間で普及し、それが半纏と呼ばれる様になりました。

使用人や職人が着用したり、火消しが着用したり、祭事で着用する物として普及してきました。
衿に団体名や名前を入れたり、背中に家紋を入れたりなどもございます。
当時正確には印半纏と呼ばれておりました。

また、防寒着として使われる どてら や 綿入り半纏 等も「半纏」のくくりで呼ばれることも多いです。

この様な背景はございますが、現在では半纏と法被の区別が無くなってきている事もあり、当店では両方含めて広い意味で「半纏」と記載しております。


半纏バナー

半纏(はんてん・法被・はっぴ)を、おしゃれに着こなそう!

半纏バナー


半纏(はんてん・法被・はっぴ)も実はいろいろな種類やサイズがございます。

用途やシチュエーションによって使いわけたり、おしゃれに着こなしたり様々な楽しみ方が出来ます。

半纏(はんてん・法被・はっぴ)本体のみで着用される方も多いですが、一番定番のおしゃれに着こなすための追加アイテムは半纏帯になります。

6㎝前後の半纏用の帯がございます。この帯を半纏(はんてん・法被・はっぴ)に合わせて結ぶのが一般的です。

無地の帯から、染めの柄帯。または織生地の帯など種類もたくさんございますので幅広いおしゃれが楽しめます。

腰あたりの位置で結ぶのが一番定番の結び方になります。

着物用の帯等と比べると結び方も非常に簡単ですので、初めての方でも苦労なく結べると思います。

半纏(はんてん・法被・はっぴ)の前身頃を前で合わせて帯で結ぶだけですので誰でも簡単におしゃれに着こなせます。


半纏帯半纏帯

また、帯と同様定番の半纏(はんてん・法被・はっぴ)に追加するおしゃれアイテムといたしまして、鉢巻もございます。

頭の後ろで縛る通常の鉢巻から、ねじりはちまき等いろいろな種類がございます。

ワンタッチでマジックテープでとめられる鉢巻などもあり、当店でも人気のアイテムです。

半纏(はんてん・法被・はっぴ)と一緒にご購入される方が非常に多く是非セットでご検討ください。

半纏(はんてん・法被・はっぴ)と一緒に着用する衣装としましては、腹掛と股引が定番です。

黒、紺、白のカラーが一般的に多く着用されます。

股引は通常のパンツなどとは異なり、着用方法が初めての方ですと戸惑う事があるかと思いますが、一度覚えてしまえば全然難しくはないので是非チャレンジしてみてください!

むしろ慣れると一般的な祭りパンツはウエストはゴムが多いですが、股引は紐で縛って着用しますので、調整がある程度できますので股引の方が慣れると履きやすいと言われる方も多いです。

腹掛も同じく紐で結んで着用する衣装になりますので、ウエストやバストに合わせてサイズを選んでいただき、紐でご自分で調整して着用が可能です。

腹掛股引腹掛股引

綿製品の半纏(はんてん・法被・はっぴ)は使い込むことによって、染め物ですので色落ち等も当然ございますが、それが粋な味が出てきます。使い込んだ半纏(はんてん・法被・はっぴ)を着用するのは非常におしゃれですし、同じ商品でも人により半纏(はんてん・法被・はっぴ)の風合いが異なってくるので、自分だけの一枚になっていく過程も楽しめます。

簡単な衣装の様で非常に奥が深く、長く愛されて着用されるのが半纏(はんてん・法被・はっぴ)です。

使い込んだおしゃれも楽しめる衣装ですので、是非お気に入りの半纏(はんてん・法被・はっぴ)を見つけていただけると嬉しいです!

半纏(はんてん・法被・はっぴ)帯の結び方

半纏(はんてん・法被・はっぴ)と一緒に是非、帯もご検討ください!

メインの半纏(はんてん・法被・はっぴ)と同様、半纏(はんてん・法被・はっぴ)帯にも多数種類がございます。

サイズは大体幅が7~8センチ程度となっております。

長さは260センチ程度のものを当店ではメインで取り扱いしております。

半纏(はんてん・法被・はっぴ)帯の結び方も多数ございます。

いくつかご紹介させていただきます。



・貝の口(かいのくち)

一番、オーソドックスで良く見ることのある結び方です。

簡単な半纏(はんてん・法被・はっぴ)(はんてん)•法被(はっぴ)の帯の結び方であり、初心者の方にもおすすめの結び方です。

貝の口(かいのくち)の由来は結び目が二枚貝に似ている事です。

そのため貝の口(かいのくち)と呼ばれるようになったようです。

色々と応用できる汎用性の結び方ですので、とりあえず一番先に覚えることをおすすめいたします。



・蝶結び(ちょうむすび)

蝶結びは元々は着物の帯の結び方を応用した結び方です。

半纏(はんてん・法被・はっぴ)帯にも利用できますので是非覚えてみてください。

名前の通り、出来上がりが帯に蝶々がとまっているように見える結び方です。

とても可愛らしい仕上がりになりますので、女性に人気の半纏(はんてん・法被・はっぴ)帯の結び方です。

貝の口(かいのくち)と比べると少し難しそうに思えますが、覚えてしまえばそんなことは全然ございませんので是非チャレンジしてみてください。



・神田結び(かんだむすび)

昔、江戸職人が良く半纏(はんてん・法被・はっぴ)帯を結ぶのに使っていた結び方が神田結びです。

通の人が結んでいる印象が強い結び方です。

色々なパターンがございますが、4枚羽が人気です。

上記でご紹介しました、貝の口、蝶結びに比べると少し難易度が上がった結び方です。

出来上がりの羽の部分が同じ長さに均等に仕上がると、見栄えが良くカッコイイですね。

是非マスターしてみてください!

新規会員登録

和装小物
裃 あられ
よさこい半纏サムネイル
ネット用よさこいパンツ
大特価半纏
あまちゃん

WEBカタログ

スタッフブログ
フェイスブック
ツイッター
インスタグラム メルマガ QRコード


店長からのご挨拶
店長からのご挨拶 よさこい衣装から、半纏(はんてん・法被・はっぴ)、浴衣など和装品全般を専門店としての豊富な品揃えにてご用意しております!
当店は業界トップの通販ショッピングサイトでの激安販売をしております。
特によさこい衣装は業界最大級の販売数がございます。
様々な衣装の製作をしておりますので、是非ショッピングをお楽しみください!
ホームページでは和装品全般を専門店としての豊富な品揃えにてご用意しております!
半纏(はんてん・法被・はっぴ)、よさこい衣装等を中心に数多くの商品を製造、販売をしております。
半纏(はんてん・法被・はっぴ)、よさこい衣装に名入れ等、オーダーも承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい!
人形町、日本橋、浅草などに出没しておりますので、美味しいお店などの情報もぜひ教えてください!
SNSなどでも商品の紹介をしております。よさこい衣装やお祭り衣装のご紹介などをしております。
よさこい衣装等を始め、商品のお問い合わせ等もたくさん頂きましてありがとうございます。ご質問大歓迎です!

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間 9:00~17:00

ページトップへ